アルギニンの通販

アルギニンサプリは、L-アルギニンのサプリメントを通販したい

アルギニンサプリの疑問点

昨今、優れた健康増進効果に注目して、アルギニンを生活に取り入れている方が多いようです。

しかし、中にはアルギニンサプリに疑問を持っている方も多いはず。なぜなら、アルギニンのサプリメントだけでも沢山の会社から発売されているだけでなく、体に良いとされるアミノ酸は何もアルギニンに限らず他にも多々あって、「本当に体にいいの?単なる自己満足?」とついつい考えてしまうから。

「どうして数ある健康維持法の中からアルギニンのサプリメントを選んだのか?」。この”そもそも”をいつの間にか忘れてしまって、惰性で摂取を続けているという方もいるのではないでしょうか?

もしくは、たまたまネット上でアルギニンの話題が目につく。

自分は既にアルギニンを飲んでいるから高見の見物としゃれ込んでいる。だけどよく見れば、「Lアルギニン」という表記が目に入る。『Lってなんだ?俺が飲んでいるアルギニンと何が違う?』

あたかも、「L-アルギニン」でなければ効果がないと言われているようで、自分が使っているアルギニンにも疑問が湧いてくる。中には、アルギニンが1日に5,000㎎程度は必要だということを知らずに、アルギニンサプリを使っている方もいるかもしれません。

さて、これからアルギニンをはじめようという方はラッキーです。

ここでは、アルギニンの効果と効能を最大限に発揮するために必要な知識をご紹介します。そのために必要なポイントが、「1日5,000㎎」という点と、「L-アルギニンのLである」という点なのです。

L-アルギニンでなければダメ?

結論から言えば、L体のアルギニンでなければ、人体では役に立ちません。

アミノ酸はL体とD体という鏡像関係にある2種類が存在するたんぱく質の要素で、人体に存在するたんぱく質はすべてL体なのです。

しかし、がっかりすることはありません。化学合成したアルギニンはこのL体とD体のアミノ酸が同じ量混ざった混合体(セラミ体)ですから、単純に半分くらいは体で役立つたんぱく質として受け入れられているはずです。残りのD体アルギニンは、人体では使いませんということでスルーされるようです。

つまり、人体に使うのだから、人体の規格にあったアルギニンを使いましょうということで、アミノ酸サプリメントはL体のものを摂取するのが常識ということになっているのです。

今までアルギニンサプリメントを飲んでいたのならば、そのアルギニンサプリがL体なのかどうかを調べてみてください。Lアルギニンならば必ずLアルギニンと表記があり、そうでないならばとにかく人工的にアルギニンを生成し化学合成して作り出した、玉石混淆のサプリメントだということが分かります。

アルギニンは1日に5,000㎎、最低でも3,000㎎程度は摂取しなければアルギニンの効果は得にくいとされています。この条件が揃っているサプリメントは非常に少ないからですから、いくら多種多様な種類のアルギニンのサプリメントが発売されているとはいえ、迷うようなことはありません。

Lアルギニン5000プラスとは?

ドクターズチョイス社から、「Lアルギニン5000プラス」というドンピシャなサプリメントが発売されており、人気の商品となっています。プラスとなっているのは、アルギニンと共に摂取することで相乗効果を生むという「Lシトルリン」が200㎎配合されているというところ。

つまり、1日にL-アルギニンが5,000㎎、L-シトルリンが200㎎摂取できるサプリメントなのです。

アルギニンというアミノ酸は強いアルカリ性ですので、酸性のもので中和が必要とされています。したがって、5,000㎎ものアルギニンを中和せずに飲めば、胃腸が荒れてしまうのは目に見えています。

「Lアルギニン5000プラス」はクエン酸でしっかり中和しています。このように「Lアルギニン5000プラス」は、体に優しく効果的な量を維持したまま毎日飲めるサプリメントなのですが、このように大量のアルギニンを摂取できるサプリメントはなかなか見つかりません。

これからアルギニンを始めようという方、今飲んでいるアルギニンに疑問を感じているという方、どれかを1つを選ぶとしたら、筆者はドクターズチョイスの「 Lアルギニン5000プラス 」しかないと思います。

アルギニンの効果は、必要な量を毎日摂取できて初めて実感できるはず。疲労回復効果、血管の健康維持、男性の方ならば、性機能の向上を目的としている方もいるでしょう。

いずれにせよ、アルギニンの効果を実感したいのであれば、L-アルギニンを選ぶようにしてください。

アルギニンの最新情報サイト
  •